読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぁはぁブログ

はぁはぁするブログです

ネットストーカーの正体

インターネットで「女子です」と宣言して
ブログやTwitterをやっていればいつか必ず出会う人。
本人が可愛いか可愛くないかなんて正直関係ないんです。
これはもしかしたら、ネットにおける女子の通過儀礼なのかもしれません。

実は私、最近ずっと、とても不気味で粘着質なネットストーカーにあっていました。

はじまりのメール

はじまりは、一通の新着メールから。
ある日、知らないアドレスからメールが届いたんです。

件名なし。
本文には、たった一言。
「はぁはぁ」とだけ。

イタズラメールだ!

変なイタズラメール来たなーと思って
差出人のFromを確認。

メアドなので晒すのは控えますが、例えるならそれは
「mamipeko_foever_love@***.com」
(まみぺこフォーエバーラブ)

みたいなそういう感じのメアドでした。
あきらかに、私にメールするためだけに取得した
捨てアカウントのメールアドレスです。

しかもただの捨てアドというより
「好きです」というのが伝わってくるような、なんていうかその‥‥‥‥
「フォーエバーラブ」ってメアドに入れちゃうセンスはどうなの、みたいな。
もちろん上記アドレスは例えですが、つまりそういう感じだったんです。

変なのと思いつつスルー

まあこういうイタズラはよくあること。
意味不明なイタズラメールをいちいち気にしていられるほど人生は長くありません。
「変なの」と思いつつ、とくに気にせずスルーしてそのときはそれで終わりました。
しばらくたって、こんなメールがあったことすら忘れた頃に
まみぺこフォーエバーラブからまた来たんです。

件名はなし。
本文には、またたった一言だけ。
わはー」と。

「ねぇ、変なメールした?」

相手は誰なのか、見当もつきません。
私のメールアドレスは普通に公開していますしね。

「ねぇ、変なメールした?」
と仲のいい友人に聞いてみても「してないよ」と
みんな別にとぼけている様子はありません。
友人のイタズラであれば「イタズラメールした?」って聞いたら
「バレた?」とそこでネタばらしをするはず。
ここで騙し続けるわけはないので、どうやら親しい友人ではないようです。

きっとTwitterのフォロワーさんの中の誰かが
イタズラしているんだろうな、ということで
「誰なんだろう…」と思いつつスルー。

恐怖の3通目

しばらくして、忘れた頃にまた。

件名なし。
本文には一言。
今度は「おなぺこ」。

「おなぺこ」というのは、おなかぺこぺこの略なんですけど
私がTwitterでたまに言っている言葉なんです。

また来た。
しかもまた私のツイート。
このときハッとして青ざめました‥‥。
3通のメールの異常な共通点に気づいてしまったんです。

1
件名なしで、本文はたった一言だけだということ。

2
その本文は、すべて私のTwitterからのコピペだということ。

3
メールのタイムスタンプを見たら
3通とも金曜日の朝10:35きっかりに送られていた、ということ‥‥。


うわわわわわわ‥‥‥‥。
どういうことなの‥‥‥‥。
毎週その時間になると、必ず届く一通の新着メール。
しかもそれは、金曜に届いたあと、次の金曜までは絶対に来ないんです。
集中的に何通もメール責めされるよりも、はるかに不気味でした。

「受信拒否にしなよ」と言われたけれど

「うわーひくね」
「気持ち悪いね」
「もう迷惑メールにして受信拒否にしたほうがいいよ」

友人に話すと、みんなの反応はだいたいこんな感じ。
でも私は怖がる一方で、ついついこの状況を面白がってしまうというか
だって気になりませんか。正直これいつまで続くのかな?と。

怖いもの見たさと好奇心にかられた私は、来週も来るかなーと
だんだんそのメールを待つような気持ちになっていったのでした。

実は

そう、私にはちょっとそういう悪趣味なところがあるんです。
こんな遊びを思いついた彼(性別は仮定)は一体どんな人なのか。
私は昔から、チャラチャラした軽い感じのリア充っぽい男の人よりも
頭のいい非モテの暗いヲタクに好かれるたちなので、たぶんこの人もきっとそう。
生身の女よりも、JPG画像や動画の女の子に興奮するようなやつなのだ。
かくいう私は、そういう人が好きなのでした。

私は彼からのメールを受信拒否にするどころか
Gmailのラベルとフィルタを作成して、毎週じっと待ちました。
「また変なメールが来たんだけど!」なんてうかつに反応してはだめです。
だってそれは、相手をかまってあげてしまうことになるから。
いつまで続けるつもりなのか、本気を見せてもらおう。
もはやこれは、冷戦でした。



で。実は‥‥‥‥。
今現在まででそれが半年も続いていたんです‥‥‥‥。



でも本当にびっくりしたのはここからです。

「もうメールやめます」

ついこないだ、
「もうメールやめます」と書かれたメールが送られてきたんです!

あれ。私、そんなこと言ったっけ?いや言ったことないはず。
Twilogで検索もしてみましたが、そんなことは言っていない。
半年目にして初めて、相手の言葉が書かれたメールが来たわけです。

しかも「もうメールやめます」って。えっなんで。一体何があったんだろう。
今までずっとスルーしてきた私がここで返信するのはなんだかすごく悔しい。
悔しいけど、でも気になるじゃないですか。
どうしてこの人はもうやめようと思ったんだろうって。

かなり悩んだんですけど
ここはストレートに質問してみよう!ということで

「なぜいつも同じ時間に送っていたんですか」
「やめようと思った理由はなんですか」

この2つだけ聞こう。そう思いました。

ネットストーカーからの最後のメール

ドキドキしながらメールを送信。
しかし質問メールへの返信は、待っても待っても来ません。
次の日もその次の日も。
3日たっても4日たっても‥‥来ない。

えっもしかしてこの返信もまた
金曜日の朝10:35なんですかおい!!!

私は、次の金曜日の朝、Gmailタブを開いて正座してF5連打待機。


10:30
10:31
10:32
10:33
10:34
10:35‥‥‥‥来た!!!

来たんです。
ネットストーカーからの返信メールには
ちゃんと質問への理由が書かれていました。

>なぜいつも同じ時間に送っていたんですか
金曜日の朝10:35は、まみぺこさんが
僕をフォローしてくれた時間だからです。

うわあああああああああああああああああああああああああああ!

>やめようと思った理由はなんですか
Twitterの「お気に入り」を知ったからです。

‥‥‥‥‥‥‥‥?!
一瞬、頭が真っ白になりました。そして白目。
私はすべてを理解しました。

ただのイタズラじゃなかった

そう、つまり「ふぁぼ」だったんです。

今までイタズラだと思っていたメールは、ただのイタズラではなく
その週の私のツイートの中から彼が最も気に入ったものを
メールで報告してくれていた、ということ(らしい)。
つまり、好きな相手への「お気に入り」の自己申告メール。
彼なりの「週間ランキング1位ふぁぼ通知メール」だったという‥‥‥‥。

ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!
なんですかそれ超こわいんですけど!!!
せめて件名に「いいね!」とか入れてくださいよ!もう!やだー!

「ふぁぼ」はそっとふぁぼるもの

まるで模範解答のようなさらっとしたメール。
そのメールを最後に、彼は爽やかな笑顔で元気よく走り去って行った。(ような気がした)

身元がバレないようにとった捨てアド、自分のTwitterアカウントの黙秘。
これからはお気に入りを使うらしいけど「週に1ふぁぼ」ルールが続くのであれば
私が彼を特定するのはきわめて困難だ。やっぱり彼は優等生なんだと思う。

ていうかこれふぁぼっていうか嫌がらせでしょうどう考えても!
とか思いましたが、ガチで天然な人だったのかどうなのかは永遠に謎。

この人をネットストーカーと呼んでいいものかどうかさえ
正直私にはよくわからなくなってしまいました。
「ふぁぼ」はそっとふぁぼるもの。
メールで報告なんてそんな。
「好き」の押し売りはいけませんね。
これからは、どうかそっとおふぁぼりください。